白井明大

Akehiro Shirai

詩人。1970年生まれ。
沖縄暮らし。

2004年、『心を縫う』でデビュー。2012年、『日本の七十二候を楽しむ ─旧暦のある暮らし─』が静かな旧暦ブームを呼び、ベストセラーに。2016年、『生きようと生きるほうへ』で第25回丸山豊記念現代詩賞を受賞。沖縄県立芸術大学非常勤講師。

好きなもの
とんかつ、白湯、万年筆

〈詩集〉

『心を縫う』
(詩学社、2004年)

『くさまくら』
(花神社、2007年)

『歌』
(思潮社、2010年)

『島ぬ恋』
(私家版、2012年)

『生きようと生きるほうへ』
(思潮社、2015年、第25回丸山豊記念現代詩賞)

詩と陶からなる書物『波照の舞う』
(詩=白井明大、陶=須藤拓也、活版印刷=嘉瑞工房、2008年)

童話集「カワウソのお茶」
(作=白井明大、装丁=辻祥江 しろくろこぐま座、2012年)

「白井明大小詩集」(活版印刷=嘉瑞工房、2014年)

いらしてくれて、ありがとう。

今日がいい日でありますように。
明日いいことありますように。

◎ご感想、お仕事のご依頼などこちらあてにお送りください。
お仕事のご依頼につきましては、企画書など添えて頂けましたら幸いです。
なにとぞよろしくお願いします。
E-mail

page top↑